HOME旅の記録入湯一覧B級グルメスポット格安宿検索(比較で最安値)

(2009/9/13) 日帰り 走行220k  (ページ2/2) 1 2  3

カウンター

千葉旅行8 房総半島 観光 人気おすすめグルメ

   漁師料理 かなや

 

千葉県富津市金谷にあり、海が一望できる店内で食事ができる漁港直送の新鮮な魚を使った活磯料理の店。駐車場より海へ専用階段で降りられ、磯遊びも楽しめる。海より直接水を上げている店内生簀があり、常に新鮮で種類豊富な魚貝を提供している。珍しい魚貝やオリジナルメニューが沢山あり、約150種の豊富なメニューがり他店では中々食べれないメニューがある。

住所

千葉県富津市金谷525-17

TEL

 0439-80-9255

駐車

  有り(230台)

休日

 無休 

時間

平日  9:30〜18:30

土日祝 9:00〜19:00

備考

 530席

(テラス席200席3月〜11月)

100.jpg101.jpg102.jpg

 

12:30漁師料理かなやに到着。国道にでても 渋滞はなく快適に走行出来た。駐車場も広く空きスペースがあった。目の前には海があり下に降りれるらしい。お土産屋と日帰り温泉施設も完備している。店の入口にはメニューがあり150種類以上あるらしい。いけすがあるので貝料理がお勧めらしく貝料理だけで50種類ある。

 

103.jpg104.jpg

 

12:33店に入ると待つ事無く、奥の座敷の席につけた。店の入口には貝や魚のいけすがあり新鮮な魚介類が食べれそうだ。

 

 

105.jpg106.jpg107.jpg

 

12:35席に着きメニューがたくさんあり過ぎるので15分位考えた。

12:50ガッチャはアジの三色丼(840円)、クラチョンはぜいたくなめろう丼(1,410円)、ジンケと自分は単品を頼み、5種なめろう(940円)×2、二人で貝焼セットA(1,890円)、あら汁(300円)、かじめ汁(300円)を頼み、あと稚アワビのおどりぐい(1,030円)を頼んだ。

13:00かじめ汁(310円)とあら汁(310円)が出てきた。かじめとは地元名産の海藻の様だ。粘りは海藻随一と言われる。粘りはコレステロールや塩分を取り除き、動脈硬化や心筋梗塞の予防になるらしい。アルギン酸、フコイダン、ヨード、ポリフェノール等健康に良い成分が多く含まれ健康に良い海藻らしい。

食べてみると粘りが物凄くありありメカブや昆布みたいな感じで味噌汁によく合いいかにも健康に良さそうな味で美味しかった。

 

108.jpg109.jpg

 

12:37貝焼きセットA(1,890円)が出てきた。ホタテ、サザエ、ハマグリ×2、白貝×2、大アサリ×3だった。いけすから取り出したばかりの新鮮な貝なので突っつくとまだ動いていた。ガスコンロで焼いて行く。

 

 

110.jpg111.jpg

 

ハマグリは大きく動きまわっていて生きが良かった。コンロに乗せると残酷だがしばらく動いていた。

 

 

112.jpg113.jpg

 

13:16ガッチャのアジの3色丼(840円)が出てきた。アジの味噌味、醤油味、海藻かじめの3色らしく安いのに美味しかった様だ。

115.jpg119.jpg

 

 13:20クラチョンのぜいたくなめろう丼(1,410円)が出てきた。中にはタイ、ヒラメ、メダイ、活貝等が入ったなめろうの様だ。ぜいたくなので杏仁豆腐も付いていた。

貝焼きの方も貝の汁が沸騰しはじめ醤油を入れてみる。活貝は焼き過ぎると固くなってしまう様なので焼き時間が書いてあった。

 

114.jpg117.jpg

 

ハマグリは焼くと貝が割れ四方に飛んで行ってびっくりした。サザエが焼きあがり食べると旨みが濃厚で美味しかった。貝の中の汁も飲むとダシが凄く美味しい。

ハマグリは大きく食べ応えがあり旨み成分が濃厚で口の中に広がり美味しかった。貝の中で一番美味しかった。

118.jpg116.jpg

 

 13:28白貝や大アサリも焼いてみる。初めての白貝は変わった味でそれなりに美味しい。稚アワビのおどりぐい(1,030円)も出てきた。小さいアワビが5個氷の上に乗って突っつくと元気に動いていた。

 

120.jpg121.jpg

 

小さいが裏を見てみると綺麗でアワビだった。わさびを乗せ醤油をたらすとアワビが動き回っていた。気持ち悪かったので口の中で動く前に噛んで食べた。食感は小さいがコリコリして美味しかった。

 

123.jpg122.jpg

 

残りのアワビは贅沢にアワビのおどり焼きで食べてこれもまた小さいが美味しかった。

13:34メニューが多すぎて店員さんが間違えたので少し遅れて五種なめろう(940円)が出てきた。色んなのが小さく入っていたので、ホタテ、ホッキ貝、タイ、ヒラメ?等入っていた。味噌、わさび、たまごと混ぜ合わせて食べて美味しかったがご飯がないせいか少し物足りなく感じた。酒のつまみには良い。

 

 

126.jpg160.jpg

 

13:55食べ終わり会計(7,570円)をすまし併設のお土産店に向かった。途中には芸能人の色紙がたくさんあった。3日前にテレビの撮影でよっすぃ〜さんと、しずるさんと言う人が来た様だ。

 

125.jpg127.jpg

 

他に知っている限りでは勝俣さん、須藤元気さん、鳥羽一郎さん、はなわさん、秋本夫妻、元祖でぶやさん、伊集院光さん、大西結花、菊池まい子、坂本ちゃん等だった。

中山仁さんの所が名前だけあったので盗まれてしまった様だ。

お土産店ではさっき食べた海藻かじめが売っていて味噌汁の試食ができた。やはり美味しかったのでお土産に冷凍の1パック(200g 400円)を買った。

食べ終わった後、併設の日帰り入浴施設の海辺の湯(850円 9〜21時)に入る予定だったが不評だったので、次はすぐ近くの南房総の複合観光施設ザ・フィッシュに向かった。

   ザ・フィッシュ 見波亭 

    富津市金谷2288 ザ・フィッシュ内 0439-69-8373 営業時間: 9:00〜18:00(無休)

128.jpg129.jpg

 

フェリー乗り場の隣にあった。お土産店やレストラン、回転寿司等お店があった。ガッチャは知人に千葉限定のまめもっこりを頼まれたらしいが正規品のキョーワの落花生もっこりしかなかった。まめもっこりはキョーワ公認らしく兄弟キャラクターらしい。

14:40モンドセレクション金賞受賞のバウムクーヘン店の見波亭と言うお店があり職人さんが目の前でバウムクーヘンを焼いていた。

130.jpg131.jpg

 

金賞を受賞したのは熟成バウムのこぎり山と言う濃い卵の風味のバウムクーヘン。クラチョンとジンケはSサイズ(1,115円)を買い、自分はモンドセレクション銅賞のやわらかバウムMサイズ(1,785円)を買った。ガッチャはバウムクーヘンとアイス店のコラボした美味しそうなカップを食べていた。

帰ってやわらかバウムを食べてみたら某有名店よりしっとりふわふわで柔らかくソフトな甘みで外側は甘く美味しかった。

 

ここの前には金泉館という旅館があり風呂は小さいが千葉県では破格の500円で入れる。(10〜18時)

14:50出発し地元に帰る。コンビニに寄りガリガリ君等アイスを食べた。

道は意外に空いていてアクアライン周辺もそんなに渋滞しなかった。

しかし国道357号の大型ショッピングセンターや家具店の為に大渋滞でほとんど進まなくなった。

18:30ようやく地元に帰ってきて夕食を食べにお店を探したがどこも行列ができていて混んでいた。30分以上どうするか悩み祭りの後だった。

考えた結果ちょっと遠いが隣町の最近出来たらしい讃岐うどん店に行く事に。

20:00丸亀製麺に到着。場所がマイナーな場所にあり空いていて穴場だった。好みのうどんを頼み、置かれた天ぷらを乗せて会計に持っていって精算する讃岐スタイルだった。値段はうどんだけなら280円〜480円だった。自分は明太釜玉うどん(並380円)と桜エビのかき揚げ(130円)とキスのてんぷら(100円)を取り610円支払った。揚げ玉、刻みネギ、おろし生姜、ゴマ等はセルフで自分で入れられる。醤油を好みでかけ食べる。讃岐うどんはコシがあり美味しかった。明太子とも良くあう。かき揚げは大きいのはいいがタマネギが多すぎて桜エビを台無しにしていた。基本セルフなので食べ終わった後は返却口に返す。

今日はいつもの事ながらガッチャが運転を完投して220疏行しスタンドで16.5リットル給油して、燃費は15.7舛世辰拭スロットがあたりリッター124円で2,046円支払う。

21:00解散する。

食費

朝食用パン(218円)+非常食用チョコレート(105円)+男梅(208円)+飲物(280円)+アイス(52円)+かなや昼食(2,630円)+お土産かじめ(400円)+バウムクーヘン(1,785円)+讃岐うどん(610円)=6,288円

旅費

交通費500円+食費6,288円=6,988円           (2009/9/17)

 

 

HOME旅の記録入湯一覧B級グルメスポット格安宿検索(比較サイトで最安値)

 

 

 

 

漁師料理 かなや 貝料理 ハマグリ 大アサリ ホンビノス貝 サザエ ホタテ 海鮮焼き バーベキュー かじめ 美容 健康 ザ・フィッシュ 見波亭 のこぎり山バウムクーヘン 丸亀製麺 千葉県富津市金谷 B級グルメ 観光 安くて美味しい 日帰り入浴 立ち寄り湯 房総旅行 房総半島 金谷港 富津 うらやす 貝鮮