HOME旅の記録入湯一覧B級グルメスポット格安宿検索(比較で最安値)

一日目(2008/10/18〜19) 走行670k  (ページ1/7) 1 2 3 4 5 6 7

  カウンター

群馬、長野旅行  秘湯 野湯 無料温泉 日帰り入浴 六合村グルメ

 

4年ぶりに群馬県にある珍しい川湯に入れる尻焼温泉に行く事になった。数年前迄は、ほとんど日帰りで行っていたが体力の低下できつくなってきたので一泊二日にする事になった。前に予約しようとして取れなかった長野県中野市にある、安くて設備が良いぽんぽこの湯の貸コテージに泊まる事に。しかし一ヶ月以上前なのに土曜日ではすでに予約が埋まっていた。代わりに草津にある、おおりりグループのホテルに泊まろうと思ったが、ここも土曜ではすでに予約に空きがなかった。安いコテージを探し、ちょっと高いがなんとか空きのある貸コテージのナースログを見つけた。しかし公共の施設では無く民間の施設で、コテージや設備は素晴らしいが、温泉がなかったり、予約金やキャンセル料があったり、炙りがしずらそうだったりで、なんか決断しきれなかった。そこで長野県中野市近隣の市町村ごとにローラー作戦でコテージを検索し続け、斑尾高原近くに安くて温泉施設付きのまだらおの湯を見つける事が出来、その日に電話してみたらまだ空きがあり、ガッチャからの了解はまだ得てなかったが、ビビビッときていたので衝動的に予約してしまった。 

500.jpg501.jpg502.jpg

 

5:00集合だったが、ガッチャが20分程遅刻し、5:20MRワゴン号に乗り千葉を出発する。ガッチャは電車で来る予定だったが、○田市からだと、始発に乗っても到着は6時を過ぎてしまうらしく、急遽車で集合してくれた様だ。MRワゴン号は故障個所が多く、ハンドルが曲がっていてまっすぐ走れなかったり、サイドミラーが壊れていたり、エンジン音が危険な感じがしたりでみんな不安がっていた。

外環道に乗り関越道に入る。眠いのと不慣れでETCを搭載していないのに、ETCレーンに入りそうになりクラチョンに止められ危うくETCレーン事故の事例に使われる所だった。 6時位でも結構交通量があった。安全運転とエコ運転で80繊腺隠娃悪舛覗行する。

6:35高坂SAで小休憩する。MRワゴン号は助手席の鍵が壊れていて、手動でないと閉められず、慣れないクラチョンは度々閉め忘れた。ガッチャは高度計を持っていて、高度計で調べてみるとここはなんとマイナス200mだった。出発し運転していたら後ろから日清のトマトヌードルに似た匂いがしてきた。聞いてみるとジンケはケチャップを付けたソーセージを買って車で食べていた様だ。 今面白い漫画の銀魂の話で盛り上がった。ジンケから日光のお土産のお猿の自在に手足が動くキーホルダーをもらった。2〜3年くらい前に同じものを自分の為に買ってくれていたらしいが渡す機会がなく、なくしてしまったらしい。そこでわざわざまた買ってきてくれた様だ。

503.jpg504.jpg505.jpg

 

7:35渋川伊香保ICを降りる。信号の少ない国道の353号(145号)を走り、草津方面に向かう。群馬旅行で榛名山から国道に合流した所にある温泉まんじゅう屋で一人一個づつ買い、出来たてのまんじゅうを食べたのを思い出して懐かしかった。草津長野原駅近辺で国道292号に曲がり、尻焼温泉に向かう。交通量はかなり減り、ほとんど車は走っていなかった。 紅葉にはまだ早く緑がいっぱいだった。

六合村観光物産センター 群馬県吾妻郡中之条町小雨92

506.jpg507.jpg508.jpg

 

9:00トイレ休憩に六合村観光物産センターに寄った。外は涼しく15℃位だった。車を降りてみるとガッチャはオリンピック代表のレプリカのジャージを着ていて日本代表みたいだった。オークションで購入したらしく結構したらしい。整備士主任のガッチャは近々羽田に出向になるらしく、そろそろ係長になるのかもしれない。店の外にはたくさんの野菜が格安で売っていた。

 

511.jpg510.jpg509.jpg

 

巨大なめこがたくさん入って200円と太いネギが4本も入って100円や巨大じゃがいもが130円だったので今日の夕食に購入した。

 

512.jpg513.jpg514.jpg

 

9:15出発する。尻焼温泉への看板を見逃してしまい、途中で引き返しなんとか県道55号に入る。この辺はまだ紅葉には少し早い様だ。

 

516.jpg1001.jpg1002.jpg

 

9:30尻焼温泉無料駐車場に到着した。すでに数台止まっていて、キャンパーもいた。温泉の準備をして向かおうとしたら地元の人が現れ、「今日は川の水量が多くて水で入れないよ〜」と言っていて衝撃的な事態に陥った。尻焼温泉が入れない時があるなんて微塵も思っていなかったのでショックだった。尻焼温泉ホームページで入れるか情報が分かるらしく、みんなから調べが足りないとブーイングだった。折角来たので確かめに尻焼温泉に向かってみる事に。ガッチャはなぜか日本代表のジャージを脱ぎ、水着とシャツとサンダルに着替え、とっちゃん坊やだった。途中に4年半前に泊まった尻焼温泉・光山荘を通り過ぎる。4年前の群馬旅行では5,600円で泊まれて食事も美味しかった。平日で泊まり客はカップルの二人だけで空いていた。今では秘湯ブームで、じゃらんでも安い時期の1月〜3月でも10,000円前後の料金で気軽に泊まれたくなった。またいつか泊まりたい。駐車場から200m位歩くと4年ぶりの尻焼温泉が見えてきた。

   尻焼温泉

 

 長笹沢川の川底から湧出する尻焼温泉は、全国的にも珍しい川そのものが温泉の大露天風呂。川がせき止められ、30m四方もある露天風呂が作られている。その昔、痔の治療に効果があったことから名付けられた。自然の中の温泉なので、無料で入る事ができる。水着があると川遊びができる。

泉質

 Na・Ca-硫酸塩・塩化物温泉

風呂

混浴の川湯

料金

 無料

時間

24時間

予約

 

住所

群馬県六合村入山696-67 

TEL

 

備考

 近くに無料駐車場有り

517.jpg

 

4年前と変わらない壮大な景色だったが、変わっていたのは人が全くいないのと湯気がまったく上がっていなかった。

 

 

519.jpg520.jpg

 

天気も良くこれで温泉に入れていたら最高だったのに残念だ。ガッチャの昔お気に入りだった岩で囲った湯船もまだ残っていた。 

 

521.jpg1003.jpg

 

9:45ガッチャが温度を確かめてみると全くの水だった様だ。川好きのガッチャは我慢できずに川に飛び込んで行ったが水はかなり冷たいらしくすぐ戻ってきた。

 

524.jpg1004.jpg525.jpg

 

9:55小屋の中にある内湯の方は湯気が上がっていて入れそうだったが、先客が入浴中だった。内湯の廃湯が川に流れていてそこに入ろうとしたが冷静になり無理だと判断し次も同じ様な温泉に入るので次の湯の平温泉に向かう事になった。しかしみんなお腹すいたと駄々をこね、時間が押していたのに時間があったら朝食に寄ろうと思っていた近くの喜久豆腐店にむかった。ジンケから日光のお土産の日光甚五郎煎餅をもらった。サラダせんべい的で美味しかった。 

    喜久(きく)豆腐店

 

六合村の天然水を使った昔ながらの手造り豆腐を店内の飲食スペースで食べられる。(冷奴セット350円、湯豆腐500円、豆腐アイス250円等。)

住所

群馬県六合村入山1899−27

TEL

 0279-95−5258

時間

 7:00〜19:00

休日

  不定休

駐車

 有り

備考

 

526.jpg527.jpg528.jpg

 

10:05目印のエネオスを見つけ寄ってみる。駐車場は5台位は止められそうだった。食事用メニューは冷奴(350円)、湯豆腐(500円)厚揚げ焼き(180円)、油揚げ焼き(150円)、豆乳(170円)だった。今日は丁度年に一度の「秋の収穫祭り(きのこ狩りとハイキング?)」というイベントが11:00出発らしく、たくさんの参加者が続々と集まってきた。そんな少し忙しそうな中、湯豆腐と、気になった厚揚げ焼きと、無類の豆腐好きのガッチャは冷奴も頼んだ。

 

531.jpg530.jpg529.jpg

 

 社会で揉まれたクラチョンはみんなにお茶を用意してくれた。六合村のマスコットのゆるキャラの六合っ子ちゃんのぬいぐるみが飾られていた。売り物では無いらしい。中には細かくした炭が入っているそうな。冷蔵庫には美味しそうな、ざる豆腐(400円)が美味しそうだった。あまり日持ちしないらしく、持ち帰りの場合は保冷しないといけないと主人が言っていた。

 

532.jpg533.jpg534.jpg

 

10:15先に生姜がのった厚揚げ焼きが出てきた。揚げたてで周りがサクサクで香ばしく中はふわふわで、醤油を付けなくても美味しかった。

10:25湯豆腐が出てきた。たっぷりと豆腐が入っていて中々のボリュームだった。おたまで豆腐をすくってみると、出来立てらしく、ふわふわしていてプリンみたいに揺れて面白かった。やわらかくて旨みがしっかりあり、お腹に優しく美味しかった。

 

10:30最後にできたてほやほやの冷奴が出てきた。予想以上の大きさでガッチャが苦笑いだった。店員さんに「ありがた迷惑な過剰サービスですな〜」と言っていた。

 

出来たてのせいなのか、時間が立ってくるうちに、冷奴が段々片側に傾き始め倒壊寸前だった。

さすがの無類の豆腐好きのガッチャでも苦しくなって来たらしく、クラチョンと自分は少しもらった。また湯豆腐とはまた違った味がして冷たく美味しかった。食べている最中に何回もお客さんが現れ、ざる豆腐を買っていった。買う人みんなオカラをもらっていっていた。メニューにオカラ無料と書かれていている。ご主人が「持っていてくれて助かります!」と何度も言っていた。処分に困っているらしい。でも地元の豆腐店ではオカラは100円で売っているので良心的だ。

 

535.jpg536.jpg537.jpg

 

食べ終わったころには冷蔵庫にはざる豆腐が少ししか残っていなく人気の商品の様だ。今度食べてみよう。豆乳もできたらしく冷蔵庫にご主人が入れていた。ガッチャは豆乳も飲むつもりだったが、豆腐でお腹いっぱいで熊本旅行の時みたいに吐き出す恐れがあるので飲むのをあきらめた様だ。ご主人に今日の秋祭に誘われたが、先があるので行けなかった。今度はマタギ祭りがあるらしく、イノシシの追い役で「また来てね!」と誘われた。捕れたてのイノシシ汁が食べられるらしい。気が向いたら言ってみよう。

10:50出発し、湯の平温泉に向かう事に。しかし温泉部恒例のハプニングが起き、自分の「カッパ」と間違えて購入してしまた「ケイパ」のジャージが後ろのドアからはみ出してしまっていて、そのまま走っていたらしく泥だらけになっているのをジンケが気ずいてくれた。誰だか分らないが自分でドアを閉めて挟まったのを気ずかないのは、かなりなおバカの様だ。奥鬼怒川温泉旅行でも似た様なハプニングがあったので思い出した。歴史は繰り返す様だ。

湯の平温泉は駐車場が狭いという情報があったので、近くの六合村観光物産センターに止めた。ここでまた恒例のハプニングが起き、なんとジンケの財布がなくなったらしい・・・。とりあえずみんなで車の中を捜索したが中々見つからなかった。参謀のジンケはハプニングが起きても冷静に策を練り、状況を整理してみると尻焼温泉に向かう時に財布を車の座席に置いていったらしく、乗り降りの時に落としたのかもしれないとの事だった。尻焼温泉以外に乗り降りしたのは喜久豆腐店のみと言う事で、2店舗に絞り込みローラー作戦を掛ける事に。まずは喜久豆腐店に電話してみてお店の人に探してもらったが見つからなかった。次は一応また喜久豆腐店まで戻りまた駐車場を捜索したが見つからなかった。次にローラー作戦最後の尻焼温泉駐車場に戻ってみる事に。ここになかったら絶望的だった。中にはお金が7,000円とTUTAYAの会員カードや免許証が入っていたそうな。悪い人がTUTAYAのカードを使っていろんなビデオをレンタルして滞納したら悲劇的事態になってしまう。

 

538.jpg539.jpg540.jpg

 

11:25尻焼温泉駐車場に戻り駐車した場所に戻ってみると、なんか小さい黒っぽい物が見えてきて、奇跡的に財布が落ちていた。しかも財布がタイヤにひかれた跡もあった。2時間も落ちていたのに誰にも拾われなかったのは奇跡的なのか、温泉好きな人や六合村の人には悪い人はいない様だ。地元なら高い確率で無くなっているだろう。自分が水着に着替えやすい様に一番奥のスペースに止めたのも良かったのかもしれない。ジンケは財布の中身を確かめてみると、カードは無事でお金は5,000円しか入っていなかった様だ。ジンケは2,000円だけ盗まれたかもと言っていたが真相は闇の中だ。 

11:30ご迷惑をかけた喜久豆腐店に戻りジンケはごめんなさいして、湯の平温泉に向かった。

 

次のページ

 

スポンサーリンク

 

 

尻焼温泉 秘湯 野湯 無料温泉 川湯 群馬県六合村 日帰り入浴 立ち寄り湯 草津 喜久(きく)豆腐店 B級グルメ  六合村観光物産センター