HOME旅の記録入湯一覧B級グルメスポット格安宿検索(比較で最安値)

一日目 (2005/8/17〜18) 走行800k (ページ2/3) 1  2  3   

カウンター

長野、新潟旅行 B級スポット観光 忍者体験 おすすめキャンプ場 温泉付コテージ 日帰り入浴

    戸隠民俗館 戸隠流忍法資料館 忍者からくり屋敷

 

江戸時代の穀倉に復原した戸隠民俗館には戸隠の生活の民具2000点を展示している。資料館には忍具500点を展示していて、忍者からくり屋敷手裏剣道場などの施設を併設している。

住所

長野市戸隠3688-12

TEL

 026-254-2395 

時間

  9:00〜17:00

休日

 11月中旬〜4月中旬

駐車

 有り

備考

 入場料500円(子供350円)

66.jpg19.jpg

 

 10分程走り到着。シーズン中なのでこんなB級スポットでも駐車場は満車に近かった。500円を払って入館。みんないちもくさんに忍者手裏剣道場へ。赤忍者と青忍者が行ったり来たりしていた。(写真右上 重なる瞬間がシャッターチャンス)

 

16-1.jpg17-1.jpg

 

手裏剣道場は結構混んでいた。150円で7個の手裏剣を直径30〜40僂療に向かって投げる。5個以上で小さなウチワ。7個すべて当てると大きなウチワがもらえる。手裏剣は本物の様で結構重いので的に当てるのは難しかった。みんな小さなウチワだった。(2回やって)次は忍者からくり屋敷へ。(写真右上)

隠し扉など、一部屋ごとのカラクリを解かないと先に進めない。これが結構難しく困っていたら、たくさんのちびっこ達が、もの凄いスピードでグルグルと謎を解いて得意げに走り回っていた。後半はみんなちびっこに謎を解かれてしまった。途中にある錯覚の部屋がおもしろかった。(床が急斜面。立っていられなく、ガッチャとぶつかってしまった。)

 

67.jpg18.jpg

 

次は戸隠忍法資料館に入り、忍法を学んだ。戸隠ギャグ満載だった。ジンケが最近車で警察に捕まったので、警察に対抗する為に「まきびし」を欲しがっていた。(自分も)

この後、塀の横歩き?(アスレチックみたいの)で盛り上がった・・・疲れた。ここから30k位の燕温泉・黄金の湯、河原の湯へ。 

   燕温泉・黄金の湯、河原の湯

 

岩に囲まれた黄金の湯と渓流沿いの河原の湯の二つの無料露天風呂。どちらも標高1100m地点にある露天風呂。

泉質

 Na・Ca・Mg-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉

風呂

男女別露天

料金

 無料

時間

24時間

休日

11月〜5月下旬

住所

 新潟県妙高市燕温泉

TEL

 0255−82−3111(村役場)

備考

 村営無料駐車場あり

 

戸隠村から30k程走り、燕温泉に到着。 温泉部初の新潟入り。車を無料の村営駐車場に止めて温泉に向かう。駐車場からちょっと急な坂を登っている時に事件が起きた。二匹の虻が周りを飛び回っていた。ダッシュして逃げても逃げても、やつらは追いかけてきた(自分だけに)3回程途中で止まってみたものの、止まるたびに襲ってくる。ようやく坂の上まで着いて、まくことが出来た。(坂100メートルは走った。)坂を走っている時からきずいていたが、人が妙にたくさんいる。黄金の湯に付いたら人がたくさん周りにたむろっていた。イモ洗い状態で入る事が出来ず、また断念するしかなかった。(温いらしく長湯する人が多いらしい)次にもう一つの河原の湯を探したけど中々見つからない。引き返してみたら看板に工事中と書いていた・・・。また入れない。時間も時間だしあきらめて今日泊まるキャンプ場を目指す。途中ジンケの合宿免許で来た教習所があるらしい。(みそラーメンが特盛だったらしい)

国道117号を走り、中野市にあったセイユーで今日の夜の食材を買う。(長野と言えば野沢菜信州牛)ベイシアもあったが国道117号は交通量も多く入づらく出ずらそうでめんどくさいので寄らなかった。今日泊まる萌木の里へ向かう。

    結東温泉・萌木の里

 

新潟県津南町のある萌木の里は 5名用のコテージが15750円で借りられる。ここには釣堀があって、日没まで500円で釣りが出来る(えさはイクラで持ち帰りは2匹迄で、イワナ、ヤマメ、ニジマスがいるらしい)日帰り入浴は500円。

2014/4 消費税増税により価格変更 5名用のコテージ18,360円に

泉質

 Na・Ca−塩化物・硫酸塩泉

風呂

男女別露天と内湯

料金

 500円(子供400円)

時間

10:00〜21:00(露天は日没)

休日

無休

住所

中魚沼郡津南町秋山郷結東

TEL

 025-767-2000

備考

 駐車場あり

20.jpg21.jpg

 

18:00頃、萌木の里に到着。 ここには釣堀があり人竿500円で夕食の魚を釣る事に。人竿2匹まで持ち帰れるので、二本竿を借りた。エサは贅沢にイクラだった。日没まで時間がないので、食材を冷やす為コテージの冷蔵庫に入れてから釣ろうと思って、クラチョンとガッチャに釣りをまかせて、自分とジンケはコテージに向かった。

コテージに到着。部屋に入ってびっくりした!なんと冷蔵庫のコンセントがささってないのと、凄く熱いのにクーラーがなく扇風機しかなかった・・・。後驚いたのが殺虫剤と香取線香が置いてあった。(虫が相当いるらしい。この後でっかい蚊みたいのとか、虻と部屋の中でかなり格闘した。)冷蔵庫に電源を入れ、釣堀へと戻る。戻ったら二人ともぐったりしていた。(クラチョンはメールをしていた?写真右上)

 

22.jpg23-1.jpg

 

相当魚達はやる気がないらしい。糸をたらすとみんな逃げていく・・・。(栃木の清流の里とは大違い)そんな中あきらめかけてた時に、ガッチャがニジマスを釣った。(絶対釣れないと思ったのに)なんとか一匹釣ったが、1000円のニジマスになってしまった。(この後七厘で美味しく食べました。さばく時、おしりからうんこが出てきてびっくりした。)時間も無いので早速併設の露天風呂山彦の湯へ。 

24.jpg

 

山沿いに2分ほど小道を歩いて山彦の湯へ。岩で造られた露天風呂。もう暗くて景色は見えなかったが、周りは山しかないし眺めは結構いいと思う。この旅初めての入浴。ゆっくり出来ると思ってたら、またあいつらが襲ってきた。大量の虻だ。うまく温泉に潜ったりして防戦していたが、ジンケの肩に虻がとまっているのを発見した。とってあげようとして水を掛けてあげたら、虻がびっくりしたのかジンケの肩を刺した。「イタッ!」とジンケが叫んだ。余計な事してごめんなさい・・・。落ち着いて入れないので、5分位で上がって内湯へ向かう。内湯は受付のある本館の中にある。やっと落ち着いて入浴出来た。

所が帰り、本館の玄関の前の電気の周りにものすごいスピードで大量の虫が飛んでいて通れなかった。困っている時に従業員の人が玄関の電気を消して、少し離れた近くの電気を付けたら虫達が新しい電気の方へ向かっていった。地元の知恵だ。従業員の方に感謝。(でも虫嫌いのガッチャもかなり慣れてきている様だった。)

 

25-1.jpg26.jpg27.jpg

  

 部屋に戻ってきた。冷蔵庫は相変わらず冷えてない・・・。風呂の浴槽で水にひたしてもビールは冷えなかった。この時期はクーラーがないとかなりきつかった。ここは内陸地にあるのでかなり蒸した。扇風機もまったくきかない。窓も虫が入ってくるので網戸の所しか開けられない・・・。とりあえず炭をおこし、さっき釣ったニジマスをゆっくり炙った。

 

28-1.jpg28.jpg29.jpg

 

みんな不眠だし疲れているので酔いが回るのが早く、ガッチャとクラチョンは当時流行っていた「レギュラー」の「西川ク〜ン」の持ちネタや、ガッチャは海猿の「伊藤英明」のものまねで盛り上がった。(ジンケはお腹いっぱい食べた。)スーパーで買った信州牛はいまいちだった。(前に食べた米沢牛がかなりおいしかったせいかも)

 

31.jpg33.jpg30.jpg

 

えんもたけなわでクラチョンがドラえもん見たいに押入で寝てしまった。今日は調べたりなくて、ハプニング続きでゆっくり温泉に入る事が出来ず皆の衆に迷惑をかけた。最後に就寝する・・・。それにしても熱かった・・・。  

 

次のページ

 

スポンサーリンク

 

 

萌木の里 キャンプ場 コテージ 各安 安い 穴場 釣堀 ニジマス日帰り入浴 新潟県津南町秋山郷  戸隠民俗館 戸隠流忍法資料館 忍者からくり屋敷  手裏剣投げ 長野県長野市戸隠 B級スポット 珍スポット