HOME旅の記録入湯一覧B級グルメスポット格安宿検索(比較で最安値)

日目 (2009/6/27〜28) 走行630k (ページ2/4) 1 2 3 4   

カウンター

B級グルメ旅行3 山梨県甲斐市 穴場おすすめ 温泉 日帰り入浴

 

29.jpg30.jpg31.jpg

  

甲府市にある炭酸泉の泡風呂で泉質の良い山口温泉に向かう。

13:30途中に心霊スポットや呪で有名な溶岩洞窟の人穴への分岐があったが、怖かったので回避した。話によると入口の鳥居をくぐってしまうと呪われてしまうらしく、交通事故にあったり警察に捕まるらしい。ちなみに帰りには逆に鳥居をくぐって帰らないといけないらしい。2008年の11月25日放送のテレビの「ぷ」っすまで冨士宮市で行き当たりバッタリで地元の人からローカルスポットを聞き込みする企画で(ゲストは眞鍋かをり・木下優樹菜だった。)、人穴に行く事になりゲームをして負けた木下優樹菜の代わりに草剛が男らしく一人で洞窟に入って行った。その数ヵ月後に草剛が公然わいせつ容疑で逮捕されたので、行かない方が無難だ。

   人穴

 

人穴は静岡県富士宮市にある富士山の噴火でできた溶岩洞穴。主洞は高さ1.5m、幅3m、奥行き約90m。最奥からさらに細い穴が伸びており、神奈川県の江ノ島に通じるとの伝説もある。江戸時代には富士信仰の修行の場ともなっていた聖地で、富士講の開祖である角行は、永禄元年(1558年)に人穴にやってきて、修行をした。また富士講信者は、富士参詣(登山)をすませると聖地人穴に参詣にやって来て、宿泊したとされる。現在も洞内にはその時代に作られたとされる石仏が安置されている。「人穴」という名前の由来は、源頼朝が家臣をこの穴に潜らせたことから、人穴と呼ばれるようになったといわれる。所在地:静岡県富士宮市人穴

13:55山梨県に入り富士五湖の一つの精進湖をとおり過ぎる。小さいと思ったら意外と大きかった。船で何か釣っている人がたくさんいた。

14:15国道358号を走っていると至る所に旬の桃畑がたくさんあって美味しそうだった。トウモロコシ畑もたくさんあった。この日の甲府市はもの凄く熱かったので(34℃?)コンビニによりみんなアイスを買った。

   山口温泉

 

山口温泉は、 農家の山口さんが1987年にブドウ畑をボーリングして掘り当てた民間の日帰り温泉施設。昔は周りはブドウ畑だったらしいが新しい家か建ちはじめ今では住宅街に囲まれちょっと分かりにくい所にある。含食塩重曹泉という気泡のある温泉で、気泡が毛穴を広げその毛穴がこのフミン酸を含んだ温泉の成分を体内に取り入れ身体を温める。この炭酸成分は長いこと空気に触れたりタンクにためたりすると消えてしまう。

 源泉掛け流しのお湯は温めで源泉そのままの温度。湯口のあたりは細かい泡でお湯が白くなっている。飲む事も出来、便秘、糖尿病に良いらしい。

泉質

 Na-炭酸水素塩・塩化物泉

風呂

男女別露天と内湯

料金

 500円

時間

9:00〜21:30

休日

月曜

住所

山梨県甲斐市竜王町篠原477 

TEL

 055-279-2611

備考

 駐車場有り

32.jpg33.jpg34.jpg

 

15:05カーナビがまた怪しい民家の集まった細い道を選んでダメナビと呆れていたら、なんと普通の住宅街の中に山口温泉の建物があった。一見温泉施設には全く見えない。中に入り500円払い浴室に向かう。浴室は受付のすぐ隣で最短に近かった。

脱衣所には張り紙があり、山口温泉は地下920mから湧き出ている天然温泉で加温せず源泉かけ流しの為、温めの湯らしいが、ゆっくりと入れば炭酸ガスと塩分などのミネラル成分が温浴効果を高め、美肌の湯でもあるらしい。服を着てから身体が温まるそうな。湯量豊富で持ち帰りは自由らしい。親切に持ち帰り用の空いたペットボトルが置かれていた。

 

35.jpg36.jpg

  

内湯の湯口にはコップがあり飲んでみると物凄く鉄臭く物凄く不味かった。でも便秘や糖尿病や通風や肝臓に良いらしい。湯口からは勢いよく湯が豊富に出ていて浴槽の手前側は炭酸がたまり真っ白だった。湯の色は黄色っぽかった。臭いは薄めで鉄っぽい感じだった。湯温はかなり温いが夏場には丁度いい。(体感30℃あるかないか)浴槽の底はぬるぬるしていて温泉成分が強い様だ。

37.jpg38.jpg

  

15:40露天風呂にむかった。外が少し寒かったせいか少し内湯よりあったかい感じがした。源泉の注ぎ口近くにいると炭酸が濃く体中の毛に泡が付着しもっさりし面白かった。

湯から上がり長く入っていてもまったく温まった感じがしなかったが、服を着たとたんになんかポカポカしてきた。

115.jpg40.jpg

 

16:00出発し今日の夕食の食材を買いに近くのスーパーオギノ朝日店に向かった。山口温泉は出ると普通の閑静な住宅街なので温泉施設があるのには驚いた。(写真左上)

16:20到着する。甲府市街中心地だったので小規模なスーパーだった。

本当は山口温泉ではなく山梨で有名なほったらかし温泉(700円)に行く予定だったが、朝の渋滞で時間がなかったり、ガッチャが行った事があるらしく、近場の山口温泉になった。ほったらかし温泉は最近にテレビの絶景の露天風呂ランキングで一位になってから有名になった。有名になる前は、500円で入れて、名前のとうりほったらかし的な営業で絶景があるがあまり評判は良くなく近くに行ったら寄ろうと思った程度だったが、テレビで取り上げられて人気が出てからは、大露天風呂を作ったり変わった様だ。ほったらかし温泉には眺望の湯の他に揚げたゆで卵が名物らしく美味しいらしい。

ほったらかし温泉からスーパーオギノに向かう県道6号の途中にある、相川を渡る橋は心霊スポットらしく「バッタ女」というブリッジした態勢でもの凄いスピードで追いかけてくるらしい・・・。ほったらかし温泉に行かなかったので通らずに済み助かった。ここの近くに武田神社があり、元は有名な武田信玄の本拠地だった躑躅ヶ崎館跡に1917年に創建された様だ。 

スーパーで合計7,680円購入した。レジ袋は一枚5円だった。ガッチャはお土産に富士宮焼きそばを買っていた。

17:10出発し今日泊まるコテージのある甲府市最北で海抜1,000mの場所にあるマウントピア黒平に向かった。 

17:35山梨県の観光スポットで有名な昇仙峡を通った。(写真右上)仙人がいそうなドラゴンボールの世界みたいだった。17時を過ぎていたので交通量はほとんど無かった。

荒川ダム

 

荒川ダムは、山梨県甲府市、富士川水系荒川に建設されたダム。高さ88メートルのロックフィルダムで、洪水調節・不特定利水・上水道の確保を目的とした山梨県営の多目的ダム。ダム湖(人造湖)の名は能泉湖(のうせんこ)という。 

41.jpg42.jpg

 

17:40黒平に向かっていたらこの先全面通行止めの看板があり、引き返そうとユーターンしようとしたら、ロックフィルダムの見事な荒川ダムがあり見学してみる事に。長野の高瀬ダム程ではなかったが見事に石が積み上げられていた。出来あがるのに13年かかり総工費は360億円だったらしい。

 

43.jpg44.jpg45.jpg

 

違う道に進み景色の良い舗装された林道を進んで行く。道は少し狭いが交通量がほとんどないので安心だ。

 

 次のページ

 

スポンサーリンク

 

 

 

山口温泉 炭酸泉 秘湯 穴場 日帰り入浴 立ち寄り湯 山梨県甲斐市 荒川ダム  人穴 観光スポット