HOME旅の記録入湯一覧B級グルメスポット格安宿検索(比較で最安値)

(2009/8/8) 日帰り 走行380k (ページ1/5) 1 2 3 4 5  

カウンター

奥鬼怒川旅行3 栃木 野湯 湯沢噴泉塔 ハイキング1−4

 

8月に入り、芸能界では3日、俳優の押尾学が合成麻薬MDMAを使用したとして逮捕された。妻で女優の矢田亜希子と離婚するらしい。それと同時に女優の酒井法子の夫の自称プロサーファー、高相祐一が渋谷区内の路上で覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕された。その後酒井法子の失踪騒動で捜索願が出たが、夫の供述で覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕状が出され、8日都内の警視庁施設に出頭、逮捕された・・・。

8月は縄文体験旅行に行く予定だったが、一ヶ月前でも夏休み期間の為予約が取れなかった。そこで前に泊まって良かった、長野県のまだらおの湯と、福島県のさゆりオートパークにも確認してみたらここも空きがなかった。不況の為安く済むコテージは人気が出てきた様だ。ボロ旅館や休日割増料金のコテージの空きは結構あったが、みんな忙しいらしく、日帰りで何処かに行く事になり、2年位前から構想していた栃木県の奥鬼怒の山奥にある天然記念物のある湯沢噴泉塔に行く事にした。(7月22日)

ここは何度か計画しようと思ったが情報が少なく、熊やヘビが出たり、猿や鹿の死骸が転がっていたり、道が崩落していたり、アップダウンが激しかったり、道が分かりにくく迷いやすかったり、川を何度も渡らないと行けなかったり、足をけがして遭難した人がいたり等、素人の登山では危険な感じがしていたので回避してきた。でも準備を万全にし、朝早くスタートし、危険だと思ったら引き返せばいいと思い決行する事にした。

7日、台風が日本に接近し数日前までは天気はしばらく晴れの予報だったのに、予報は全国的に雨に変わった。

17:00、関東地方では激しい雨と雷が鳴り響いた。天気情報では関東地方は雷、大雨、洪水注意報になり最悪の天気だった。現地の日光市の予報では8日の6時〜15時までは曇りだったので、取り合えず現地に行ってみて雨で駄目だったら、近くの奥鬼怒温泉郷に行ったり、栃木県のB級グルメ旅行に行く事にした。 

21:00集合だったが、ガッチャは前日に富士山に登りに行っていたらしく、しかも今日は仕事で富士登山グッズのかたずけや、温泉部の準備等や雷雨の影響で忙しかったらしく、23時集合になり23:20到着した。

ガッチャは今年富士山登頂は2回目らしく、毎年メンバーを変えて職場の人や友人等を引率し富士山マスターとして登っているらしい。運転もすべて自分でこなし、疲れたメンバーに「寝てていいよ」と甘い言葉で眠りにつかせみんなを惚れさせた様だ。静岡県側の富士宮口から登ったらしく、ここからだと山梨県の河口湖口から登るより、岩場は多いが1時間ほど近いらしい。ここからが頂上の剣が峰に凄く近いらしい。5日の夕方に出発してヘッドライトをつけて夜に登ったらしいが、天気は雨で大変だったらしい。ご来光も微妙だったらしい。

23:40全員集合し出発する事に。高速に乗るか迷ったが、深夜だしMRワゴン号にはETCは搭載していないし、軽では仮眠も難しそうだったので、乗らずに下道で進む事にした。国道4号を北上していく。 下道は空いていて快適に走行する。

1:10セブンイレブンに寄り小休憩。セブンイレブンではおにぎり100円均一をやっていたので、限定茨城牛使用の牛しぐれ(通常130円)と一番高いシャケいくら(通常150円)を食べた。 

2:10宇都宮市のセブンイレブンに寄った。眠くなってきたガッチャは今話題の大河ドラマ「天地人」に上杉景勝役で出演している北村一輝がCMしている眠気すっきりのメガシャキ(250円)を買って飲んだ。味はショウガみたいな味の様で物凄く不味く険しい顔になるらしい。

2:50栃木県今市市に入る。交通量はほとんど無い。ガッチャは交通量がないのでわざと蛇行運転しガッチャは今流行りの栃木県芸人のU字工事のギャグの「ごめんねごめんね〜!」と投げやりに謝っていた。

3:20鬼怒川温泉付近のセブンイレブンに寄り朝食を買う事に。パスタとおにぎりを購入(490円)。今日の昼食用に温泉で温める、セブンイレブンのオリジナル商品のレトルトのご飯とカレー(88円)を買った。

国道を離れ、奥鬼怒に向かう県道23号を進む。道は狭い箇所がたくさんあったが、街灯や反射板やカーブミラーがあり、良く整備されていた。途中でガッチャが外で立ちションをしたが、外に出ると真っ暗な事や木々が風で揺れたりしてかなり怖かった様だ。

 

1.jpg2.jpg3.jpg

 

4:55女夫淵温泉駐車場に到着。ここには綺麗なトイレや自動販売機があり仮眠場所には最適だ。すでに駐車場はいっぱいに近く驚いた。登山の格好をした人がたくさんいた。熊鈴を付けていたのでやはりここには熊が出る様だ。少し仮眠する事に。軽に4人で眠るのはやはり苦しく自分は仕事ではりきり過ぎて右肩脱臼し肩と首が痛く、ほとんど寝れなかったがみんなは寝れた様だ。ガッチャの高度計によると標高は1000mらしく気温は20℃無い位で肌寒く、車にいれば快適な気温だった。

6:40車にアブや大きいハチなどが車にぶつかってきたりしてみんな起きた。天気は雨が降ったりやんだりで微妙な天気だった。とりあえづ朝食を食べトイレを済ませた。天気は微妙だったが、せっかくなので湯沢噴泉塔の遊歩道を歩いてみて行けそうなら進み、危険だと思ったら奥鬼怒温泉郷に行く事にした。ここから戻る感じで1祖にある湯沢噴泉塔歩道入口に向かった。

 

4.jpg7.jpg

 

7:00こまゆみの里を過ぎ、湯沢噴泉塔歩道入口駐車場に到着。アクセス(グーグルマップ)車は3〜4台止められそうだったが一台も止まっていなかった。女夫淵温泉駐車場はいっぱいだったのにここはマイナーなスポットの様だ。

車を止めるといきなり大量のアブや大きいハチが車に突撃してきてお驚いた。長野、新潟旅行でハチやアブ等は車のエンジン音に反応する事を思い出しエンジンを切りしばらく待つといなくなった。虫も凄いし天気は不安でしばらく、行くか考えたが取り合えづ行ける所まで行ってみる事に。みんなカッパを持ってきていなかった。(ガッチャは一昨日の富士山登頂で雨が降っていたらしく、蒸れるのでカッパを着るのが嫌になっていた様だ。)

 

5.jpg6.jpg

 

車を降り登山の準備をする。雨は不思議とやんでいた。看板には湯沢噴泉塔から奥鬼怒4湯の手白沢温泉までの区間の遊歩道は通行止めになっていたが、目的地は噴泉塔なので大丈夫だ。荒れた遊歩道を覗いてみるとなんか危険な感じがして不安になる。

8.jpg9.jpg

 

7:20準備が完了し出発する事に。アブが凄いので首にタオルを巻いた。熊が出るらしいのでガッチャも熊鈴を持っていたが、置いて行かれる心配があったので自分も通販で買ってみた。(690円)ガッチャは忙しくで準備が間に合わなかった様で I love パンダのかわいいTシャツと帽子と、コールマンのリュックとズボンだった。少し急な坂道を下ると立派な橋が現れた。

10.jpg11.jpg12.jpg

 

橋には看板があり湯沢噴泉塔までは4.8舛陵佑澄6兇鮨覆爐箸いなりクモの巣のトラップがたくさんあり、先頭を進んでいたガッチャはへこんでいた。ガッチャの代わりに自分が先頭を進むことになり数十か所のクモの巣を頭を使い帽子を使ってゲームの戦国無双みたいに斬って斬りまくった。余りに激しく前田慶次みたいに突撃していった為、目薬が落下してしまった。こんなにクモの巣があるという事はしばらく訪問者はいないか少ない様だ。橋を渡るといきなり山の入口が見えてきた。

 

13.jpg14.jpg15.jpg

 

いきなり登りの山道になった。たくさんの木々が生い茂り自然豊かで日があまり入らず暗かった。アブやハチや小さい虫がたくさん飛んできて体中についてきた。

16.jpg17.jpg18.jpg

 

7:25道は登りが続き険しくなってきた。不眠では足が思うように動いてくれなく、スタートから不安になった。巨木が倒れていたり行く道を阻まれる。急斜面は足に負担がかかりきつい。

 

19.jpg20.jpg21.jpg

 

7:28看板があり、湯沢噴泉塔まではあと4.5舛陵佑澄ずっと登りだったのでかなり疲れた。アブがしつこくついてくるので振り払ったりしてさらに体力を消耗してしまう。口の中にまで入ってきて気持ち悪かった。

 

22.jpg23.jpg24.jpg

 

登ったり下ったりたまに平坦だったりアップダウンが激しかった。途中道の行く手を阻む巨木が綺麗に切られていた。立ち止まるとアブに襲われるので体を振り回しながら小走りで突き進む。みんななぜかズボンのお尻から下までアブが10匹以上くっついていた。自分では後ろは見えないのでみんなが「後ろにたくさんアブがくっついているよ〜」と忠告しあっていたので面白かった。

 

25.jpg26.jpg27.jpg

 

7:35湯沢噴泉塔まで4舛泙播達した。急な丸太でできた階段を上る。丸太は丸いので滑り手摺をしっかりつかみ一歩一歩慎重に登らないと滑って危なかった。しっかり出来た階段なので作った人はすごいと思った。

 

28.jpg29.jpg30.jpg

 

7:39遊歩道に獣のまだ柔らかいうんちを見つけた。階段を上がった所でも見つけていたので、猿の群れが早朝にしたものかもしれない。もしかしたら熊かもしれない。

7:41川辺に出てアブが本当にずっとしつこくまとわりついてくるので小休憩する事に。しかし川辺に出てもアブやハチは常に襲ってきて止まっていられづ休めなかった。立ち止まるとたくさんのアブが体中にくっついてくる。

31.jpg32.jpg33.jpg

 

夏なので登山中は蒸し暑く汗をかいた。川の水は物凄く綺麗で冷たく気持ちよかった。タオルを川に浸し首や顔につけると冷たく気持ちが良い。

7:50あまり休むと歩けなくなるしアブがしつこいので進む事に。 また急な山道をたくさんのアブ達を連れて登って行く。

34.jpg35.jpg36.jpg

 

山の中は草の揺れる音と川のせせらぎの音が聞こえ熊がでそうな感じだった。

7:53湯沢噴泉塔まで3.4舛泙罵茲人佑澄

8:01また川辺に下りて小休憩する。みんな山道のしんどさよりアブや虫の攻撃に参ってしまい、進むか引き返すか15分位アブやハチに襲われ走りまわりながら話し合った。立ち止まっていたら肩を「チクッ!」と刺されて痛かった。せっかくなのでもう少し進んでみる事に。

 

37.jpg38.jpg39.jpg

 

8:18また川辺から登り、湯沢噴泉塔まで3.1舛鯆眠瓩垢襦この遊歩道は登っては下り、川辺に出ての繰り返しになっている様だった。

8:25開けたたくさんの巨石や岩場に到達したが道がなく5分程、何処に進んでいいか分からなくなった。あたりを捜索すると赤い紐が木にずっと結ばれていて、この方向に進んでみると遊歩道らしき道を見つけ岩場を乗り越え進んだ。この遊歩道は進む道が分かりにくく一人では道を見つけるのが困難でたくさんいると見つけやすく安心だ。真っ暗だったら道がわからずに遭難しそうだった。道とは分かりにくい歩道が多く夜に移動するのは困難だ。

8:37川にでた。丸太の橋がり、斜面の道を川に落ちないように慎重に進んだ。

 

40.jpg41.jpg42.jpg

 

この丸太の橋はよく洪水で流されるらしく、渡渉を覚悟していたが地元の人の管理のおかげで助かった。丸太の橋は湿っていて滑るので渡るときには注意が必要だ。また山道に入り登って行く。途中にヘビが現れたらしく逃げて行った様だ。

 

43.jpg44.jpg45.jpg

 

8:45、2箇所目の橋を渡る。渡ると丸太がたわんだので少し不安になった。

8:49山を登って下り3箇所目の橋を渡った。ここからは山ではなく川沿いを歩いた。

 

 

46.jpg47.jpg48.jpg

 

 8:50川が道を阻み上手く石を渡り進む。 

8:52、4箇所目の橋を渡る。湯沢噴泉塔までは後1.6舛泙任陵佑澄

 

次のページ

 

スポンサーリンク

 

 

 

湯沢噴泉塔 ハイキング  秘湯 野湯 無料温泉 女夫淵温泉駐車場 湯沢噴泉塔歩道入口 駐車場 栃木県日光市 奥鬼怒川