HOME旅の記録入湯一覧B級グルメスポット格安宿検索(比較で最安値)

(2011/9/29) 走行150キロ (ページ2/5) 1 2 3 4 5    

カウンター

パワースポット旅行3 茨城

    一言主神社

 

 一言主神社(ひとことぬし)は809年に奈良県葛城の一言主神を迎え、創建されたと伝えられ、主祭神は一言主神(ヒトコトヌシノカミ)別名事代主神(コトシロヌシノカミ)。豊漁の守護神・海の守り神・商売繁盛の恵比寿様として親しまれている。出雲大社主祭神の大国主神(オオクニヌシノカミ)の長子で大国主神は幸福・農耕の神・縁結びの大黒様として親しまれている。

一言主神は、一言の願い事でもおろそかにせず、願いを叶えて下さると伝えられている。

住所

茨城県常総市大塚戸町875

TEL

 0297-27-0659

時間

境内自由

駐車

 有り

50.jpg51.jpg

 

 車道に一の鳥居があった。昔は参道だったのかもしれない。車の中で一礼し進む。 

 

52.jpg53.jpg

 

 9:58一言主神社に到着。布施弁天から25卍走り1時間程かかった。駐車場はいろんな場所にたくさんあった。

二の鳥居の先にも鳥居が二つもあった。額には三竹山と書かれている。

 

54.jpg55.jpg

 

 参道の途中には穴だらけの不思議な形をした巨木があった。枯れている様に見えて上にはたくさん葉っぱが生い茂っている。

 

58.jpg57.jpg59.jpg

 

 年代の違う狛犬さんが4対もいた。

 

161.jpg160.jpg

 

 境内はそんなに広くないが自然豊かで地元の人の憩いの場になっている様でたくさんの人が訪れていた。

 

56.jpg

 

 拝殿は1867年に建てられた。静かにお賽銭を入れ二礼二拍手一礼で参拝する。お願い事をする場合は名前と住所を名乗ってからお願いすると良いと言われる。おみくじを引く時はここで「おみくじを引くので私にお言葉を下さい」とお願いすると良いそうだ。一言主神社は「一生に一度の願いを叶えて下さる」や「一言の願い事でもおろそかにせず、願いを叶えて下さる」と信仰されている。

 

 

60.jpg64.jpg

 

写真左上は大国主神(オオクニヌシノカミ 縁結びの神様で有名な出雲大社の御祭神)をお祀りしている大黒社々殿。写真右上は御神水。煮沸すれば飲めるそうだ。

 

61.jpg207.jpg

 

創建の由来に関係する三岐の竹をお祭りする霊竹殿。809年に雪の中から雷光を放つタケノコが忽然と現れ、三岐に成長した不思議さに行者に祈祷を頼むと、一言主神(ヒトコトヌシノカミ)から東国の災渦を救う為に来たとお告げがあり、この場所に一言主神社が創建した。今でも時折三岐の竹が生えるそうで一言主神社は三竹山とも呼ばれる。中をのぞくと三岐の竹が並べられていた。

 

62.jpg63.jpg

 

裏に向かうと写真左上は摂社十三社。(浅間社・別雷社・道祖社・厳島社・白髪社・大日霊社・八坂社・天神社・妙見社・三王社・八幡社・愛宕社・三峰社)写真右上は稲荷社・香取社

 

66.jpg67.jpg

 

 写真左上は縁結び社。ここが一番のパワースポットらしい。写真右上は、なぎの木(良縁の木)。その葉が切れにくい事から男女間の縁が切れない様にと、女性が葉を鏡の裏に入れる習慣があったそうだ。源頼朝との許されざる恋(源氏と平氏)の成就に北条政子が、二人の名前を葉にきざみ自分の手鏡にの下に忍ばせて毎日お祈りしていた話がある。隣には御神水や御神木があり穏やかで心安らぐ空間でご利益がありそうだ。

 

68.jpg69.jpg

 

 巨大な御神木。巨大で写真が撮りきれない。触ってみると少し冷えていて優しい感じが伝わってきて癒される。

208.jpg65.jpg

 

本殿は1459年に平将門の後裔の守谷城主相馬胤広により再建され、1700年に大修理がおこなわれたと伝えられている。市の指定文化財。

次は近くの平将門をお祀りしている国王神社に行こうと思っていたが、なんか気にかかり前日に調べてみると、940年に平将門の乱の平定の為の平和祈願の儀式を行った場所に成田山新勝寺が創建された。「また新たに勝つ」という語句に因み新勝寺と名づけられたそうだ。成田山に毎年参拝していてお守りも常に肌身離さず持っていたので行ってはいけないのかも知れない。国王神社の氏子さんは代々成田山に参拝していないそうだ。

 10:19帰る時も鳥居を出て振り返り一礼する。次は道の駅・ごかに向かった。

   道の駅・ごか

 

住所

茨城県猿島郡五霞町幸主18-1

TEL

 0280-84-1000

時間

9:00〜19:00(レストラン11〜18時)

駐車

 137台(大型67 普通68 身障者用2)

 70.jpg  

 

 11:11 25卅り道の駅・ごかに到着。地元の物産館もありたくさんの人で賑わっていた。

 

71.jpg72.jpg

 

 近くに植竹製菓の工場がある様で工場直送のラスクがたくさん売っていた。定価840円の2種類入った24枚入りが420円とお得だった。袋詰めはシュガーラスクとガーリックラスクが24枚で368円やチョコラスク10枚230円やココナッツラスク14枚230円や紫芋ラスク10枚230円等たくさん種類がある。賞味期限も3ヶ月もあってお土産に良さそうだ。

五家宝も売っていた。埼玉県熊谷市や加須市が有名だが、五霞町で開発された説もある。

73.jpg74.jpg

 

 テレビの「もしもツアーズ」や夕方のニュースの「news every」や「スーパーニュース」で取り上げられていた、茨城県銘柄豚「ローズポーク」を100%使用した肉まんのローズポークまんを購入する。一個180円とお手頃な値段だ。生地はふわふわで中は肉汁たっぷりで肉や野菜の旨みが広がる。タケノコの食感もいい。他にもローズポークしゅうまい、ごかコロッケ、揚げまんじゅう等メニューが豊富だ。

次は埼玉県久喜市にある鷲宮神社に向かった。

 

次のページ

 

スポンサーリンク

  

 

 

三竹山一言主神社 パワースポット 縁結び 茨城県常総市 道の駅・ごか 植竹製菓 ラスク ローズポークまん