HOME旅の記録入湯一覧B級グルメスポット格安宿検索(比較で最安値)

(2009/5/1〜5)走行2200k(ページ2/16)1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

                                                カウンター

 北東北旅行3 青森県 温泉 秘湯 おすすめ日帰り入浴

21.jpg23.jpg25.jpg

 

4:00、4時30分起床の予定だったが周りに止まっていた車はすぐ横にある陸奥湾に釣りに行くグループの集団らしく、隣に集合し大きな声でしゃべリ続けていて移動する気配はなく寝れなくなってしまった。結局1時間程しか仮眠が取れなかった。気温が高ければ道の駅・よこはまの隣にある公園で野宿の予定だったが、フロントガラスが凍結する位だったのでこの時期ではまだ寒く無理だった。

4:30道の駅・よこはまから50祖先にある奥薬研温泉目指して出発する。奥薬研温泉には無料の混浴露天風呂のかっぱの湯隠れかっぱの湯と有料の男女別の露天風呂がある夫婦かっぱの湯がある。

国道279号は道は広く舗装されているが、かなりなアップダウンの箇所が少しあった。この時間ではほとんど車は走っていなく快適に走行出来た。桜も今頃咲き始めていて綺麗だった。昨日は暗くて見えなかったが陸奥湾が見えた。

   奥薬研温泉・隠れかっぱの湯

 

元は会社の保養所だった所に建物が流されて浴槽だけが残ったらしい無料の露天風呂。県道のガードレールの切れ目から川方向へ降りていくと、タイル張りで出来た湯船と、岩造りの露天風呂がある。

地元の方が善意で清掃してくれている。ここでは暗黙のルールがあり、先客が入浴中の場合は、道路の上で順番を待つ。駐車場は無くかっぱの湯の駐車場から700m位あるく。

 

24.jpg26.jpg28.jpg

 

 5:20国道279号から県道4号に曲がり道が少し細くなった。県道4号は5月1日から通行できる様になったらしく、その前は冬季通行止めになる様だ。近くの有名観光地恐山に行くのも五月かららしい。

5:30景色のいいのどかな山道を走り、川沿いにある隠れかっぱの湯に到着する。ここの湯はそんなに大きくないので地元での暗黙のルールがあるらしく、先客の車が止まっている場合は先客が上に上がってくるまで待っていないといけないらしく、車が2台路駐していたので、入るのをあきらめ少し先にあるかっぱの湯に向かった。

5:30かっぱの湯の大きな看板が見えてきてかっぱの湯に到着した。

   奥薬研温泉・かっぱの湯

 

奥薬研温泉にある無料の露天風呂。川沿いに岩造りの混浴露天風呂がある。男女別の簡単な脱衣所もある。夏場は、アブが多いらしく、春か秋がお勧めの様だ。ここは地元の方が掃除をして管理してくれている。清掃は週一回、水曜日の午前中に行われる。

かっぱの湯伝説には伝説があるらしく、慈覚大師円仁が恐山を開山した後に奥薬研に来たが、道に迷いけがをした。川原で困っていると大きなフキの葉をかぶった河童が現れて大師を助けた。大師はフキの葉に包まれて奥薬研の湯に入れられたので、すっかり元気になったそうな。

泉質

 単純温泉

風呂

混浴露天

料金

 無料

時間

7:00〜日没

予約

水曜午前清掃

住所

大畑町大字大畑字赤滝岩

TEL

 0175-34-2111(産業振興課)

備考

 駐車場あり

29.jpg27.jpg

 

広い駐車場には4台の車とトラックを改造したキャンピングカーが止まっていた。早速入口に向かってみると、浴衣姿のおばちゃんが出てきた。近くの旅館からきた様だ。看板がありかっぱの湯には伝説がある様だ。ここから綺麗に作られた階段を下りて行くとかっぱの湯が見えてきた。

30.jpg

 

湯船は広くかっぱの像が常に身守っている様だ。先客に3人入っていた。おじちゃんが入れ替わりに上がってきて浴衣に着替えていたので夫婦だった様だ。おじちゃんは「すごく良い湯だった〜また来たいよ〜」と連発していて絶賛だった。

 

31.jpg32.jpg

 

簡素な脱衣所は男女別に分かれていて二人はいっぺんに入れそうだった。湯は広く20人は入れそうだった。良く掃除をしてくれているらしく、湯の底も不快感はなかった。最初に脱衣所から左側に入ってみた。湯の温度は丁度よく(体感40℃〜42℃?)気持ちよかった。目の前を流れる川を見ようと向かってみたら途中から物凄く熱くなあり、びっくりした。地元の人によると左側に源泉が出ている箇所が2つあり、気をつけないと火傷をしてしまうので注意が必要だ。

 

33.jpg34.jpg

 

熱くない真中あたりから川の方へ行ってみると綺麗な川が流れていた。ガッチャがいたら飛び込んでいたかもしれない。カエルの死骸が腕組をしていたのでびっくりした。

 

37.jpg35.jpg

 

湯の色は無色透明で底に生えている藻のせいで緑色に見える。臭いは山っぽい感じが強かった。右側の湯船に移動してみるとこっちはさらに深くなっていて深首まで浸かれて気持ちよかった。

 

40.jpg39.jpg41.jpg

 

クラチョンは湯守のカッパが気になりしばらく一緒に入っていた。カッパの手や膝にはにはなぜかお金が置いてあった。

 

 

42.jpg36.jpg

 

6:20満足しかっぱに挨拶して出発する事に。本当にとても良い湯だった。地元の人達が良く管理してくれているおかげの様だ。

ここからもう少し先に進むと、男女別の露天風呂がある夫婦かっぱの湯がある。

   夫婦かっぱの湯

 

修景公園奥薬研レストハウスに併設されている町営の温泉露天風呂。薬研温泉にある、無料の2か所の露天風呂と違い、管理が行き届いているので、綺麗にされている。川沿いに男女別の岩造りの混浴露天風呂がある。夏場は、アブが多いらしく春か秋がお勧めの様だ。

泉質

 単純温泉 (源泉掛け流し)

風呂

男女別露天

料金

 200円

時間

8:30〜18:00(11〜3月 10〜17時)

予約

無休 (11〜3月は火休)

住所

大畑町大字大畑字赤滝岩

TEL

 0175-34-2008

備考

 駐車場あり

 

帰りに隠れかっぱの湯に戻ってみるとまだ先客の車が止まっていて長湯している様だったのであきらめた。

44.jpg45.jpg46.jpg

 

6:25かっぱの湯にはトイレがないので、来る途中に参謀のジンケが道路にトイレがあった事を思い出し寄った。クラチョンはその間、高速道路の走行中にレガシーにたくさん付いた虫の死骸を綺麗に掃除していた。

6:30次は捌きたてのイカの刺身を食べにここから40祖走り、本州最北端の村の風間浦村にある活イカ備蓄センターに向かった。 

 

   次のページ

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

奥薬研温泉 かっぱの湯 隠れかっぱの湯 夫婦かっぱの湯 青森県大畑町 下北半島 日帰り入浴  立ち寄り湯 秘湯 野湯 無料温泉