HOME旅の記録入湯一覧B級グルメスポット格安宿検索(比較で最安値)

(2009/5/1〜5)走行2200k(ページ8/16)1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 

カウンター

 北東北旅行3 青森県 深浦 観光 温泉 秘湯 野湯

    椿山

 

夏泊半島先端にある自生椿の北限地で、町の天然記念物に指定されている。4月下旬〜5月下旬には、約1万2千本のヤブツバキが紅色の可憐な花を咲かせる。山裾はキャンプや釣りの名所。椿山へ行く途中、立石崎など海岸の景観も楽しめる。

177.jpg178.jpg179.jpg

 

 15:25椿山への看板を見付け到着。広い駐車場には他に2台止まっていた。小雨がパラつく中、椿山へ向かってみる。

 

570.jpg580.jpg

 

 椿山は町指定の天然記念物に指定されている様で珍しかった。日本海側の自生北限地らしい。野湯は下の方にあるらしく下って探してみる。

 

  椿山・野湯

 

ウェスパ椿山の余った源泉が捨てられ、その湯だまりに適温で入れる。入るにはその源泉をためる為に石を積み上げたり掘ったりして露天風呂を作り湯を溜めないといけない。運が良ければ先客が作った湯船に入れる。

180.jpg181.jpg182.jpg

 

 15:35階段を降り切ると海岸の方に茶色く色が変わった場所があり向かってみた。大きい石や漂流物がゴロゴロして歩きにくかった。源泉がパイプからドバドバと大量に捨てられていて海まで流れている様だった。上にあるウェスパ椿山の余った源泉を捨てているのかもしれない。

 

 

183.jpg184.jpg

 

 源泉が流れた先には石で囲った露天風呂らしき物があった。源泉の川を触ってみると結構熱く50℃位ありそうだった。湯の色は茶褐色で匂いは鉄っぽかった。

 

185.jpg186.jpg

 

 露天風呂は崩壊していて時間をかけて石を積み重ね、湯を溜めないと入れなそうだった。少し溜まった湯に手を入れてみると適温で湯がたまれば素晴らしい湯になるだろう。写真右上は湯に入ると見える風景。

 

187.jpg188.jpg189.jpg

 

 15:40せっかくなので椿山に登ってみる事に。木でできた手すりは崩壊箇所が多くロープで補強されていた。景色が良く見えた。

 

 

190.jpg191.jpg192.jpg

 

 15:45雑草も生え放題であまり手入れをしてない様だ。最後の階段を登り切ると大きな椿の木がありくぐって頂上に到着。景色が良く見える。

 

 

 

904.jpg901.jpg

 

 頂上にはお賽銭入れのない小さい神社?祠?見たいのがあり旅の無事を祈った。椿山だけに少しだが椿の花が咲いている木がいくつかあった。

 

903.jpg902.jpg

 

さらに奥に進むと少し危険な岩が突き出た見晴らし台がありクラチョンとジンケは登って景色を眺めた。足を滑らしたら下まで落ちてしまうのでかなり危険なスポットだ。手すりの代わりにロープが張られていた。ガッチャがいたらここでライオンキングのまねをしてくれていただろう。

 

900.jpg905.jpg

 

 右に進むとここにも見晴らす場所があり崖下を眺められた。

 

199.jpg

 

 ジンケに見晴らし台からの風景を撮ってもらった。日本海の波は穏やかな様だ。天気が良かったらもっと絶景だっただろう。

 

200.jpg201.jpg202.jpg

 

 15:50満足し駐車場まで戻る。今度来る時はここのウェスパ椿山に泊まってゆっくり露天風呂を作りたい。

 16:00ここから90祖先にある今日泊まるコテージのあるぼうじゅ館に向かった。

途中京都ナンバーのマジェスタのトランクが半分空いていて荷物が落ちそうで落ちなくしばらく一緒に走りそわそわした。

 

次のページ

 

スポンサーリンク

 

 

 

椿山 野湯 秘湯 B級スポット 珍スポット 観光 青森県深浦町 穴場