HOME旅の記録入湯一覧B級グルメスポット格安宿検索(比較で最安値)

(2009/5/1〜5)走行2200k(ページ6/16)1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

カウンター

 北東北旅行3 〜奥薬研温泉、不老不死温泉、乳頭温泉〜  

   小川原湖畔キャンプ場 青森県下北半島 三沢 おすすめ コテージ

 

小川原湖の南側は米軍三沢基地近くの湖畔道沿いに面した所にある公共施設のキャンプ場。夏場は目の前で湖水浴が出来る。このコテージは通年営業していて全部で5棟あり10,000円(4人用 11月〜3月は5,000円 )で借りられる。すぐ近くにやすらぎ荘と言う市営の温泉施設がある。(市外150円シャンプー、石鹸無し)設備は、寝具付きベッド(4人用)、風呂、トイレ、テレビ、台所、冷蔵庫、ストーブ、電磁調理器、炊飯器、食器、炊事用具 。テントキャンプは2,100円。

住所:三沢市大字三沢字淋代平116-2949

TEL:0176-59-2830

12/28〜1/4休

120.jpg121.jpg122.jpg

 

 16:25前回の北東北旅行で泊まった小川原湖畔キャンプ場へ向かう。途中は三沢基地の敷地が隣にあり、フェンスを隔てて隣にも道路があり珍百景だ。小川原湖畔も一部はフェンスで囲まれコテージやバレーボールネットや遊具等あり、ファミリー同士で楽しんでいた。アメリカに来たみたいだった。

16:30小川原湖畔管理棟に到着。前回の北東北旅行で来た時は掘立小屋で見つけるのが大変だったが、3年の間に増築したらしく城みたいになっていた。受付をし注意事項を聞いた。管理人さんは8:30〜17:00までいる様だ。一棟の料金10,000円を支払いコテージに向かった。

 

123.jpg124.jpg125.jpg

 

目の前の小川原湖は夕日が刺し眩しかった。管理棟隣にある公園の遊具は一部閉鎖されていた。コテージは全5棟埋まっていた様で家族でバーベキューの準備をしていた。暗くなる前にスーパーに買い物に行くので飲物だけ冷蔵庫に入れに行ったらなんと、冷蔵庫の電源が抜けていた。冷蔵庫は一回電源を抜いてしまうと中々冷えない。新潟県の萌木の里でも電源が抜けていて冷えるまでに朝までかかっていた。先客が抜いてしまったのかもしれない。電源を入れ、ここから10狙茲砲△訌芦鵑北東北旅行で安くて良かったスーパーのよこまちストアーに向かった。もっと近くにはマックスバリューもある。

 

よこまちストア

126.jpg127.jpg128.jpg

 

17:05よこまちストアに到着。前回の北東北旅行で来た時に青森のねぶた缶のリンゴジュースが格安で売っていたのに普通の値段でがっかりした。青森の新鮮な魚介類も豊富だった。貝類も豊富だった。イカも普通に100円で売っていた。ここはビニール袋を有料にしたらしく一枚5円だった。外に段ボール箱が置いてあり自由に使っていいらしい。酒や飲み物だけ箱に入れてゴミ袋が必要なので3枚だけビニール袋を購入した。冷蔵庫が冷えていないので無料の氷をたくさん確保した。予算は6,000円だったのに7,683円も購入してしまいかなりなオーバーだった。3人なのにいつもの感じで買ってしまった。

18:05出発した。この時間でもまだ日は長く明るかった。

和牛小間切(680)、豚トロ(398)、牛タン(366)、串フランク(298)、ほっけ(138)、ホタテ(198)、イカ(100)、塩やきそば(228)、ご飯(298)、マイタケ(198)、とうもろこし(198)、アスパラ(178)、見切り品サラダ×2(100)、もやし×2(76)、カクテキキムチ(258)、エビイカサラダ(244)、枝豆(158)、かわはぎ珍味(398)、中華お焦げスープ(198)、エビスナック(98)、ハッピータン(188)、枝豆スナック(98)、ポテトチップ(138)、マヨネーズ(198)、ゆかり(138)、味噌(98)、焼塩(248)、焼肉のたれ(278)、ロックアイス(168)、ダカラ(168)、牛乳(228)、お茶(168)、コーラ(168)、瓶ビール(248)、発泡酒(178)、レジ袋×3(15)で合計7,683円。

129.jpg131.jpg134.jpg

 

18:30コテージに戻り夕食の準備をする。部屋に入るとカメムシがたくさんいてなんとかたおしたり、外に逃がした。ハエたたきが備品にあった。ジンケは持参のアースノーマットをセットした。冷蔵庫はまだ冷えていなくクラチョンの持ってきたクーラーボックスが大活躍した。火起こし部隊のクラチョンは3代目の最新型ガスバーナーで炭を起こしていく。火起こし部隊長のガッチャがいないので変わりにジンケがクラチョンをサポートした。直に木炭を炙ると火花が飛び散り熱かった。お気に入りのケイパのジャージの袖が焦げて穴が空いてしまいショックだった。青森産のニンニク一房で160円は安い。皮をむき炙る事に。

 

132.jpg133.jpg560.jpg

 

シジミ汁を作った。大和しじみは大粒でとてもダシが出ておいしい。トウモロコシ、アスパラ、ジャガイモ、イカ、マイタケ、キュウリの漬物等食べやすい大きさにカットした。ジンケは食器を洗い枝豆を解凍した。

テレビを見ていると今日の朝に寄った風間浦村活イカ備蓄センターの映像が流れ、撮影クルーと目が合ったしイカ刺しを食べたのにも関わらず自分達は取ってくれなかった様だ。

135.jpg136.jpg

 

19:30準備が終わり食べ始める事に。クラチョンは一時間ひたすら炭を起こし、ウチワであおぎ続けて火力はすでにMAXだった。カクテキキムチや道の駅・おがわら湖で買った地元のおばちゃん手作りのピリ辛キュウリ(150円)の漬物は安くて美味しかった。

 

 

137.jpg138.jpg139.jpg

 

 地元産の焼肉のたれの辛味家と言うタレと焼き塩を買った。辛味家はTV「秘密のケンミンショー」で紹介されていた。職場から持ってきた焼き鳥を焼いた。火力がMAXなのですぐ焼けた。炭火で焦がすと美味しかった。枝豆に贅沢に焼き塩をかけて食べた。枝豆はいつ食べても美味しく重宝する。

140.jpg141.jpg142.jpg

 

 19:40和牛小間切れを焼き始める。小間切れだとすぐ焼けて柔らかく美味しい。地元産の焼肉のたれの辛味家は甘辛く良く肉に合い美味しかった。

19:50豚トロを焼き始めたらいつもの事ながら物凄い煙が上がり、煙探知機が作動してサイレンが鳴り響き焦った。クラチョンが冷静に警報を止めてジンケは七厘を外に出した。煙が出る肉は外で焼いてから食べる事に。豚トロは軟らかく旨みがあり美味しい。牛肉より安く美味しくてすばらしい。

143.jpg144.jpg145.jpg

 

 20:15トウモロコシやポテト、アスパラ、マイタケ、イカ、ニンニク等炙った。青森産ニンニクは癖がなく旨みがあり美味しかった。ジンケの差し入れのビールや焼酎のコーラ割を飲んだ。飲みやすく美味しい。

20:45カメムシが目の前に飛んできて焼き肉のたれの横にあったティッシュに止まった。冷静に捕獲して駆除した。カメムシはどこから侵入してくるのかわからず、いつ襲ってくるかわからないので怖い。

146.jpg147.jpg148.jpg

 

 21:45北海道産のホッケを焼き始めた。ホッケは結構不細工な顔をしていた。脂が良くのっていて美味しかった。

22:30デザートに道の駅・おがわら湖で買った地元のおばちゃん手作りのお萩を食べた。(3つで100円)エビスナックも素朴な感じで美味しかった。

23:00ジンケはお風呂に入った。部屋を掃除し食器を洗った。

23:15就寝する。寒かったのでガスストーブを付けて寝た。

二日目は合計350疏行だった。(計1100繊

 

   次のページ

 

スポンサーリンク

 

  

 

小川原湖畔キャンプ場 コテージ 辛味家 青森県三沢市 激安 格安 安い 市営 公共 小川原湖